10コメント

ゆで卵の殻剥きから…

最近我が家ではゆで卵をよく食べるようになりました。

でも,ゆで卵の殻がなかなかうまく剥けない…

と妻がのたまうので,

調べてみました。

どうしtららうまくゆで卵の殻をうまく剥けるのか?

ゆで卵には「古い卵」を用いるのが良くて,

殻もツルッとむけるらしい…NHK「ためしてガッテン」より。

じゃ~なぜ古い卵がいいのか?

新しい卵には「炭酸ガス」が多く含まれているらしい。

それが卵の殻を剥くときに関係していると。

古い卵は自然と卵の中から炭酸ガスが抜けて,

ゆであがったときに殻が剥けやすくなるのだそうだ。

ということは新しい卵から炭酸ガスを抜けば,

殻がスムーズにきれいにむけるはず。




それで水圧を使って新しい卵から炭酸ガスを抜く。

2リットルくらいの細長い飲料が入っている紙パックやペットボトルに水を入れた中に,

卵の空気の入っている下の部部に小さな穴もしくはヒビを入れて水に沈める。

約1時間ほどすると炭酸ガスが抜けます。

それをゆでると半熟であれ固ゆでであれ,

卵の殻はツルッときれいに剥けます。



これは実験済みなのでお試しあれ。




この方法を習得した妻は,

毎日ゆで卵作りに勤しんでおります。




画像

ゆで卵の話題が夫婦の重要なコミニュケーションになってしまった昨今,

温泉卵が食べたいという話になり,

以前ラジオで紹介していた方法で作ってみたことはあったけど上手くいかなかったので,

ネットで温泉卵の作れるゆき卵器を探していたら…ありました。(写真)

画像

6個同時にゆでることができ,

温泉卵,半熟卵,固ゆで卵ができるというもの。

炭酸ガス抜きをした卵でゆで卵器で作っております。

一番満足しているのは私は温泉卵。

殻剥きには全く関係ありませんが,

私はこれを気に入っております。

しばらく卵ブームの我が家でございます。








"ゆで卵の殻剥きから…" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: