8コメント

父は8年前に連れあい(私からすれば母)をがんで亡くしました

母は享年83歳で逝きました

数週間寝込んで少し苦しそうでしたが

あっという間に逝ってしまいました

そのとき父は83歳でまだまだ元気でした

母が亡くなった後は87歳まで運転をして

病院などに自分で通っていました

しかし,運転を辞めたときから急に足腰が弱りだし

杖をつくことが多くなり

杖が必需品になり

とうとう90歳を過ぎる頃からは

介助なしで歩くことができなくなりました

北海道は冬には雪道ですので

とても危険です

父は両膝に人工関節を入れているので

転んでしまうと即寝たきり生活ということになるので

もう自宅での生活というわけにはいかなくなり

団長の思いで今年2月末に「老人ホーム」に入居しました

91歳の誕生日の月です

それから約4ヶ月何とか安全に穏やかに生活していた父でした

足腰の痛みや老人性の軽いうつなどはありましたが

内臓には特に問題がなく

この穏やかな生活が続くことを期待していました

しかし,この6月18日早朝にベッドの下に横たわっていた父を

ホームの人が発見し病院に緊急搬送しました

診断は「重度の脳梗塞」ということでした

父は呼びかけに反応するものの言葉は段々少なくなるし

体を自分で動かすことが難しい状態です

今はICUから出て一般病棟に移動して

リハビリを中心とした回復治療に移っています

毎日病院を訪れて父の様子を見守っていますが

この後の回復はなかなか難しいようです

父のこの数年介助・介護にあたってきて

段々衰えてくる父の様子に

何もしてあげられない自分に悲しさを覚えています

仕方の無いことかも知れませんが

まだできたことがあったのではないかと思う今日この頃です

これからは,私の次男のつとめる病院に転院して治療を続けることにしました

それから先のことはまだ決まっていませんが

父が少しでも穏やかに過ごせるように環境を整えていこうと思っています

反応は薄いもののまだ意思の疎通ができるので

この時間を大切に

それが一時も長く続くように祈るばかりです

今日は父のことを記しておこうと思い

あえてブログに書き留めました


DSC_0003.JPG

この写真は「ぼたん」です

母が亡くなったときに

一輪も咲かなくなったので

「母さんがもっていってしまったんだね」と言っていたのですが

父が毎年手入れをして

今は私がそれを引き継ぎ

今年はたくさんの花を咲かせた「ぼたん」です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • nibari1498

    お気持ちお察しいたします。私も父が77歳のおり肺がんでなくなりました。母はそれより長生きしましたが、白血球ガンで後を追いました。「いつまでも母恋し父恋し」です。

    ブログ画面すっきりさせる方法を書きます。順序間違えず、一度プリントアウトしてから手を付けたほうがいいかもしれません。文末の矢印で次の項目をクリックです。

    最初のクリックは、
    左上隅のウエブリブログ→
    左上のログイン→
    右から2番目中央横のデザイン→
    灰色で白抜きの枠のコンテンツ(サイドバー)→
    右サイドバーにある項目で不要なものはマウスでドラッグして左側のブログパーツに引きずり入れてください。
    リンク集を左から右へドラッグしうまくできれば、歯車を押す。タイトルな私なら「nibari1498」とか「高忠」と入れます。
    URLは私の画面を開いたときメニュバーに出る「https://77611178.at.webry.info/」をコピーしてURLに貼り付けます。

    頑張ってみてください。成功を祈ります。

    2019年07月09日 12:57
  • おいちゃん

    nibari1498さん~
    これも人生の順番だとはわかっていても
    親にはずっと側に居て欲しいものですね
    私も時が経てば…
    とわかっていても寂しいものです
    できるだけのことはするつもりです
    画面スッキリの件
    トライしてみようと思いますが
    どこまでできるのやら…ですwww
    ありがとうございました
    2019年07月09日 17:11
  • └|∵|┐高忠┌|∵|┘

    我が家の場合
    自分の両親はなんとかなっていますが
    同居している義母と
    その姉 の伯母が
    お父上ほどではありませんが
    遠からず・・・と想像してしまいます。

    順番ではありますが
    顔を見るたびに
    元気がよかった頃を思い出して
    悲しいです。
    2019年07月09日 17:38
  • みなみ

    お父様91歳、連れ合いを亡くされてもお元気に生活されておられ素晴らしいことですね。
    老いていくのは自然なことでもお辛いですね。
    美しく咲いているボタンが見守っていらっしゃるんですね。

    私の変な記事にコメントいただきありがとうございます。
    削除したつもりが残っていたとは。大恥です。
    2019年07月09日 17:38
  • おいちゃん

    高忠さん~
    元気だった父が
    だんだん老いていく姿を見るのは辛いです
    老人ホームに入るときも
    何だか追い込んだような感じを私が受けていました
    仕方の無い選択だったのですが
    とても可哀想な気がして…
    でも,もし自宅で発病していたら
    今の状態ではなかったと思います
    父には少しでも長く頑張ってもらうことを
    祈るだけです
    2019年07月09日 18:20
  • おいちゃん

    みなみさん~
    個人差はありますが
    私は91歳まで生き抜いた父は素晴らしいと思っています
    母がいなくなってからの8年間は辛かったと思います
    私たちがどれだけ父の気持ちに寄り添えたか
    またこれから寄り添えるのか…
    未知な部分が多いですが
    できるだけのことはしたいと思っています
    2019年07月09日 18:23
  • もうヘトヘト

    こんばんは♪
    お父様、病院でリハビリ
    心配ですが、誰でも通る道
    私達も、いつかは。。。
    考えさせられます。
    牡丹の花とても綺麗
    写真だけども見せてあげてください。
    私も、くも膜下で手術して元気です。
    2019年07月09日 22:47
  • おいちゃん

    もうヘトヘトさん~
    もうヘトヘトさんも大病をされたんですものね
    父の病状はなかなかきびしいものがあります
    しかし,ベストを尽くしていくしかないと思っています
    もうヘトヘトさんもお体ご自愛ください
    2019年07月10日 08:37