2,000万円

年金額改定通知書がきました

画像

まだちゃんと調べて居泣けど

何だか減っているような気がします



生涯を終えるまで2,000万円必要だと…

政府はその報告を受け取らないと言っているが

もうこの数字が出てしまった以上

誰が何を言おうと実際としての数字だと納得しています

年金と実際の資質の差が月額5万円として

年間60万円

それが30年として1,800万円

誰もが年金だけで生活できるなんて思ってはいないし

実際生活できていない

国民年金だけの人は

1ヶ月6万円くらいだから…

この2,000万円という数字は平均だといいます

ですから年金額が低い人は

もっと老後に必要な金額が多くなると言うことです

全く人ごとではない我が家です

100年安心と言っていた年金ですが

これは全くの妄想と言わざるを得ませんね

こんな年金制度なら渡井人は

年金の積立金を納付するのが不安になるでしょうね

結局,自己防衛しかないのでしょうね






♬六月の雨♬ 小椋 







この記事へのコメント

2019年06月14日 23:40
こんばんは
100年安心は、信用していなかったけど
麻生さんが年金を受け取っているのには驚いた
要らないでしょ
嫌になるな。。。
おいちゃん
2019年06月15日 15:02
もうヘトヘトさん~
麻生さんは自分では年金を受け取っているかどうかの自覚はなかったですね
有る一定以上の収入のある人には
年金は必要がないですね
彼には月に20萬円程度の年金は要らないでしょうね
2019年06月16日 08:41
国民年金だけ、夫婦そろって厚生年金、夫婦そろって共済年金ではすごい差があります。
ご近所に夫は県庁で次長、奥さんは高校教員だった二人は優雅な暮らしです。年金から貯金が十分できるそうです。
2019年06月17日 15:01
昔 
向かいのおじさん
年金を辞退していたっけなぁ
坊主 大きくなったら
立派なことはしなくてもいい
だけど そういう見栄は
はるモンだと

その頃は
何を言っているのか
イマイチ分からなかったけれど
自分が年金をもらう年齢が
近づくにつれ
あのおじさんの顔が浮かぶんですねぇ。
おいちゃん
2019年06月17日 15:53
nibari1498さん~
我が家も宗ですが
その家それぞれ年金額の需給に差がありますね
この格差はどんどん開いていくだけですね
非正規雇用とかアルバイトで厚生年金が掛けられていない人や国民年金だけの人などは悲惨な物です
年金を負担していない若者もいるんじゃないでしょうかね
こんな年金制度なら自分のために自分で貯蓄しておく…なんていう考えになるのもわかるような気がします
おいちゃん
2019年06月17日 15:57
高忠さん~
そのおじさんはいつまで年金を受給しなかったのでしょうね
確かに1年でも受給を後にのばすと
受給する金額が増えますから
でもそのおじさんは
そんなことを言いたかったんじゃないのですね
年金に頼らず自分で稼いで生きろ…
っていうメッセージなんでしょうけど
私は定年と同時にいただきましたwww

この記事へのトラックバック