10コメント

こんな夜は

今の時期になると16年前に単身赴任をした士別(しべつー旭川から北へ車で約1時間)のことを思い出します。




♫ こんな夜は ♫  松山千晴

前にもお話ししたことがあったかもしれませんが,

単身赴任をした年に糖尿病がわかり治療が始まりました。

糖尿病の合併症…目に病気がはっs徴していたらと思って早速眼科を受診。

しかし,もう網膜症を発症していました。

レーザー治療を開始。

治療を開始した頃(その年の夏)は普通に見えていましたが,

徐々に視野に違和感が生じ,

だんだん見えなくなってきました。

歯科医の中心部分が特に見えなくなって,

仕事にも支障が出てきました。

とうとうその年の秋には決定的といえる視野が欠ける症状に。

旭川医大での手術待ちをしていたのですが,

手術の前に大切な網膜の中心(黄斑-おうはん)の視野がやられてしまったのです。

その年の12月~1月にかけて入院,

3度手術を受けて退院。

しかし,進行を止める手術であって視野は元には戻りません。

仕事は休んでいましたが,

復帰するにも見えないのでは仕事になりません。

自宅で何とか残っている視野で文字を読むこと,

少し出来ていたキーボードのブラインドタッチを見なくても出来るように。

子どももまだ大学生2人いたし,

何とか働かなくては…の一心で仕事復帰しました。

当然単身赴任ですから,

仕事から戻ってきても食事・選択・入浴などは自分一人でしなきゃいけない。

いや~辛かったです。

人生でこんなに辛かった士別時代(7年間-そのうち4年間は休職)。

正直今でも夢に出てくるほどです。

住宅は古くて寒い。

何もいいことがなかった士別時代。

そんなときに心に染みた歌が…松山千晴の「こんな夜は」です。

辛いときは「眠ってしまおう」なんです。

その頃の通勤途中の景色です。

画像

気温も心も寒かったな~。

目の状態はあれから変わってはいませんが,

旭川に戻ってきてから気温は低くても,

心は温かくなりました。

家族の存在というのは大きいものです。

退職した今,

辛かったあの頃のことを鮮明に覚えている私であります。




今日はちょっと長くなってしまって…

済みませんでした。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • もうヘトヘト

    幻想的
    病気とは、上手く付き合いましょう
    医学の進歩に期待して
    2018年02月08日 08:36
  • お啓

    読んでいるうちに、涙が出てきました。
    本当に大変だったのですね~。
    しかも単身赴任で・・・・。
    今は定年で家に居られて、ご家族に囲まれて暖かな食事もあるし、今、本当に幸せですね。

    これからも、雪かきに十分注意して、病気はとても心配ですが、ほっこりと生きて下さいね。
    2018年02月08日 09:07
  • └|∵|┐高忠┌|∵|┘

    家族・・・
    大事ですね!

    一昔ちょい前
    仕事で 修羅場バンバ・・
    先方に 売り言葉買い言葉系で

    お前 仕事と家庭とどっちが大事なんだ!

    と 聞かれて

     そんなの 家族に決まっているだろう

    と 即答

    相手は まさかの返事に
    一呼吸おいて
    落ち着いてくれました・・・

    なんてことも 懐かしい。
    2018年02月08日 09:45
  • おいちゃん

    もうヘトヘトさん~
    この写真を撮ったときは寒かったです。
    気温も低かったですが風も強くて…。
    単身赴任の寒い住宅に帰る途中に撮りました。
    私の目は今の最新の医療でも研究対象になっていません。
    今,あの頃の辛さを思うと何でもできるような気がします。とっても今が幸せです。
    2018年02月08日 11:09
  • おいちゃん

    お啓さん~
    今は本当に幸せです。
    できればもっと働きたかったですが,
    見えないストレスには勝てませんでした。
    除雪はマイペースで好きなようにやっています。
    辛ければ何回かに分けてとか…。
    病気は定期的に検診に行っていますので,
    低値安定ですが何とか健康気味にやっています。
    2018年02月08日 11:15
  • おいちゃん

    高忠さん~
    私はこの病気で仕事の役職を降格しました。
    とっても無念だったのですが,
    考えてみれば私の代わりはたくさん居るのです。
    私の公認はすぐに赴任しました。
    そこで私は気がついたのです。
    仕事での私の代わりはいますが,
    家庭での私(父親)の代わりはいないのだと。
    健康と家族が一番大切で,
    人生のベースだと思っています。
    2018年02月08日 11:20
  • nibari1498

    糖尿病は怖いですね。今も治療中でしょうか。私の友人も最近連絡がないので電話したら、糖尿病がもとで人工透析寸前だとか。さらに、白内障の凉がん手術。励ましようがありませんでしたが、おいちゃんのほうが壮絶な人生を経験されたんですね。今ひどく進行中でないのが幸いで、それ以上悪くなりませんように。
    2018年02月08日 16:24
  • みなみ

    単身赴任時代の大変だった生活、拝見していて胸が締め付けられました。糖尿病から目が悪くなられたのですね。でも現在はその辛かった時期を乗り越えてお孫さんも増え、お好きな書もバンバン入賞されて頂点にまっしぐら、お幸せ一杯ですね。人生、谷あり山ありですものね。今が一番です。
    2018年02月09日 11:59
  • おいちゃん

    nibari1948さん~
    幸い目以外のところには合併症は出ておらず,
    月に一度の検診で経過を見ています。
    人工透析は大変ですので,
    現状維持に努めています。
    不便な生活は仕方がありません。
    現状を受け入れて生活していかなければいけないと思っています。
    2018年02月10日 09:02
  • おいちゃん

    みなみさん~
    母方が糖尿の家計だったようで,
    母も糖尿でした。
    私はそれを全く気にせずにいて,
    検査をしたら帖尿になっていました。
    自業自得の面もあるのでしょうけど。
    書や体ぷん具もある面リハビリの意味もあり,
    意欲を持ち続けるという点からも続けていきたいと思っています。
    2018年02月10日 09:06

この記事へのトラックバック