4コメント

命日

私の操作ミスで,

同じ題名の記事を削除してしまいました。

もう一度書きます。



3月22日は母の6回目の命日です。

母は病床についたのは約1週間。

それまでは独りでトイレにも行っていたし,

食事も食べれていました。

本当にボックリと逝きました。

私も母と同じように逝きたいと思いました。

長く病床につくと家族に迷惑がかかりますから。

母の思いが詰まった亡くなり型だったような気がします。

昨年,母の七回忌をしました。

次は六年後の十三回忌ですが,

父はそのときは95歳になります。

元気でいてくれているかな?

という私も心配です。

22日は一日一杯母のことを思い出していたいと思っています。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • └|∵|┐高忠┌|∵|┘

    そうでしたか。
    六年・・
    きっと あっという間ですよね。

    こころのなかで
    お参りさせてもらいます。
     <(_ _)>。
    2017年03月22日 09:03
  • もうヘトヘト

    おギャ
    私のコメントがない

    私の消えたコメントのように
    >本当にボックリと逝きました。
    こういうのいいわね。。。
    2017年03月22日 23:39
  • おいちゃん

    高忠さん~
    そうなんですもう6年も経つんです。
    過ぎてみれば早いものです。

    私も死んだ後に忍んでくれる人がいると幸せなんですが。(笑)
    2017年03月23日 09:09
  • おいちゃん

    もうヘトヘトさん~
    せっかくのこめんとを消してしまってすみませんでした。
    母はがんでしたので,
    抗がん剤治療では辛い思いもしましたが,
    亡くなるときはあまり苦しまないで逝ったと思います。
    せめてそれが慰めです。
    2017年03月23日 09:11

この記事へのトラックバック